トピックス

「インボイス制度」Q&Aのご案内ならびに4/21「インボイスセミナー」質問事項回答について

4/21に開催しました「インボイスセミナー」講師より、質問の多い事項に関して記載されているQ&Aの情報提供がございましたので
わからない点がございましたらご確認ください。(各項目のアンダーラインが引かれている部分をクリックしてください)
 (1)免税事業者及びその取引先のインボイス制度への関するQ&A 令和4年1月19日(令和4年3月8日改正)
 (2)消費税の仕入税額控除制度における適格請求書等保存方式に関するQ&A 平成30年6月(令和4年4月改訂)
 (3)消費税のあらまし(令和3年6月)
 

また、セミナー当日質問がございました『高速料金は適格請求書の交付義務の免除にあたるか』(3万円未満のもの)
につきましては、下記理由により免除にあたらないとの回答がございました。

   適格請求書の交付義務が免状される自動販売機特例の対象となる自動販売機や自動サービス機とは、
  代金の受領と資産の譲渡等が自動で行われる機械装置であって、その機械装置のみで、代金の受領と
  資産の譲渡等が完結するものをいいます(インボイス通達3-11)。

   したがって、例えば、自動販売機による飲食料品の販売のほか、コインロッカーやコインランドリー等による
  サービス、金融機関のATMによる手数料を対価とする入出金サービスや振込サービスのように機械装置のみ
  により代金の受領と資産の譲渡等が完結するものが該当することとなります。

   なお、小売店内に設置されたセルフレジを通じた販売のように機械装置により単に精算が行われているだけ
  のもの、コインパーキングや自動券売機のように代金の受領と券類の発行はその機械装置で行われるものの
  資産の譲渡等は別途行われるようなもの及びネットバンキングのように機械装置で資産の譲渡等が行われない
  ものは、自動販売機や自動サービス機による商品の販売等に含まれません。



適格請求書等保存方式(いわゆるインボイス制度)について不明な点がございましたら、下記コールセンターに
お問い合わせください。
 ●軽減・インボイスコールセンター(消費税軽減税率・インボイス制度電話相談センター)
   TEL:0120‐205‐553  受付時間:9:00~17:00(土日祝除く)

 

≪お問い合わせ先≫
長岡商工会議所 経営支援グループ
TEL:0285-32-4500、FAX:0258-34-4500
E-Mail:keiei@nagaokacci.or.jp

  • 入会のご案内